ごあいさつ   
会社概要
会社沿革
アクセス
品種
製品
生産品目
製造工程
設備
工場全体図
配送について
配送図
商品一覧













 


 製造工程 − 生鳥処理工程
生鳥処理工程は下記の通りです

他の製造工程を見たい方は、下記の工程名をクリックしてください。

 1.生鳥処理工程   2.チラー工程   3.解体工程   4.ミンチ工程
イラストの工程に戻る

〃鳥

生鳥に異常が無いか検査し、健康な生鳥をシャックルにかけます
 
電気ショック
  1次側200V 1〜2A    2次側 55〜60V 1〜2A 

電気ショックで気絶させ、オートキラーでけい動脈をカットし、放血をします。
  放血時間  種鶏 2分37秒(4000羽/時間)
          親鶏 2分07秒(5000羽/時間)
E鯆劼

61度で首・全体湯漬けを行います。

     種鶏:1分50秒
     親鳥:1分30秒
っμ啜

ロトピック(たたき)脱毛機により第一脱毛をかけます。
その後、トルクピッカーNo.1による第二脱毛、トルクピッカーNo.2による第三脱毛を行います。
  
ヌ咯

毛焼バーナーによる残毛処理を行います。
仕上げトルクピッカーNo,3による第四脱毛
仕上げ毛焼バーナーによる最終残毛処理を行います。


  
 
Ε悒奪疋ッター

ヘッドカッターにより頭をカットします。
Д皀潺検並)カッターおよび掛換機

モミジ(足)をカットし、プラスチック製シャックルに掛け換えます。
  
ベントカッター

ベントカッターにより肛門を切り取ります。
オープナー

オープナーにより内臓を取り出せる大きさにカットします。。
マエストロ(中抜機)

マエストロにより自動で内臓を抜きます。
食鳥検査

食鳥処理衛生検査員による内臓の検査を行います。
 ・放血不良の除去
  
首皮取機

首スジ切り部分から首皮を切断します。
腎臓取機

腎臓とブドウ状卵巣を取り除きます。
サニクリーンバードワッシャー

中抜きと体の内部と外部を洗浄する。

チラー工程へ